topimage

《修士課程》都市情報学専攻


《修士課程》都市情報学専攻

21世紀の都市生活に必要な情報基盤の構築や情報ビジネス等の創造を担う指導的人材を養成する。
  現在では、企業のみならず、行政やNPOなどの社会組織においても、情報通信技術に関する深い理解と技術を持つ人材の輩出なしには、今後の都市活動とそれを支える都市基盤の設計や運営はできない。本専攻では、システムの構築・運営やメディア環境創造に包括的な知識・技能を修得し、今後の都市活動に求められる多彩なシステムを社会に提案できる能力を養う。
  知識・技能を身につけるとともに、提案をビジネスとして実現できる能力を修得するため、システムやメディアの具体的事例などについて分析・検討し、総合的な構築・運営能力を養う。
  また、分野固有の講義科目などにより、それら事例の検討や構築に必要な専門的知識と理論とを修得する。さらに展開科目などにより、広い視野と見識とを養い、ビジネス・センスの資質をあわせ持つ技術者を養成する。
  以下の2つの研究分野から構成される。

1.知識情報基盤研究分野分野ホームページへ

インターネット技術の進展と知識のデジタル化の動向を広く深く理解し、情報システム基盤の形成から展開、知識情報の高度活用を遂行できる人材を養成する。
対象となる学生像:一定の実務経験があり、明確な問題意識を自己の中に持つ社会人を中心とする。知識情報社会において、

1)ネットワークとコンピュータで形成する情報基盤層、
2)その上で展開されるオープンソース・ソフトウェアのアプリケーション層、
3)オープンアクセスのコンテンツ層

という3層のコラボレーションの“場”を提供し、知識情報社会をイノベートする高度で総合的な能力を持った人材を養成します。

2.情報システム創成研究分野分野ホームページへ

情報システムの構築に必要な広範な知識と実践的なシステム開発能力を有し、次世代の情報化社会に適合したシステムの創造をめざす人材を養成する。
対象となる学生像:情報システムに関する基礎的知識を有し、既存の枠にとらわれない新しい情報システムの創造に意欲を持つ社会人および学生など。

博士課程の受験をお考えの皆様へ 修了生のみなさんへ その他のお知らせ イベント・お知らせ R2-3Sプロジェクト 創造経済と都市地域再生 創造都市を創造する大学院 創造都市研究について 創造都市研究会 創造都市研究e 院生会
Go to TOP